健康志向のタバコ

a pile of medicinal drugs

人と人との普通の会話でもネット掲示板のやり取りでも、どこでもいいのですが近年、特にタバコの害についての議論は白熱しています。もちろん大昔からタバコというのは体に良くない、という認識はあったわけですが、ガンになる確率が高まるとか、妊婦さんの前で吸うのはNGとか、健康に関する注意事項はたくさんあったわけです。逆に、実はタバコには健康を害する要素はない、などという説を唱える人もいて、さらに議論は白熱しているのですが、そこにIQOSは解決策のひとつとして登場しました。
IQOSは従来のタバコに比べて、とにかく健康志向なのです。

タバコに含まれる物質の中で特に有名なのはニコチンですが、もうひとつ特に健康被害の原因になるとされているのがタールです。
タールというのは、コールタールというドロドロの物質について知っている人があるかもしれませんが、要はあれと同じ成分の物質で、内臓を灰色に染め上げ、機能を著しく低下させる原因であるとされています。一方、ニコチンは脳に行き渡り、快楽物質の分泌を促す働きをします。
IQOSはタバコの葉を燃やさず、加熱するという新しいタバコ。タバコの葉が熱されてニコチンとタールが発生すること自体は同じですが、タールに関してはその量を9割以下に減らせるという特徴があります。加熱するときの温度が燃やすときの温度のほぼ2分の1であり、その熱量ではタールはほとんど発生しない、ということがわかっているのです。
要するにIQOSなら、従来の喫煙による内臓へのショックを大幅に減らすことができます。そのようにして、健康志向を実現しているのです。